‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

運動時と入浴前に飲むことのススメ!

2015/02/17

体に良いものといえば、コラーゲンやサプリメントとならんで水が挙げられることが多いです。水は水道の蛇口をひねれば出てくる手軽なものですが、手軽であるがゆえに、どのような飲み方をするかによって健康への効果が大きく変わってきます。
水を飲むと健康に良い理由は、体内に十分な水分がある状態だと、汗をかきやすくなるからです、汗は体内の貴重な水分を使用してまで体温を下げるわけですから、水分が少ないときには生命を守るために出にくくなります。そこで水を摂取する最良のタイミングは運動をする際と、入浴前です。
運動をする際には、筋肉を使うことによって体温が上がります。上がってしまった体温を下げるために水分が使われるのです。体内の不要物をうまく代謝するためには、水分量が十分であることが必要です。スポーツをする際は事前に水分をとっておきましょう。
また、入浴するとお湯の温度で体温が上がります。体温を平熱に保つためにも水分が使われます。運動となると得意・不得意がありますが、入浴は大半の人が毎日行うことです。継続的に水分を代謝するにはうってつけのタイミングです。そこで、入浴前に十分な水分を補給しておき、しっかりと湯船で汗をかけるようにしておきましょう。

水を飲むタイミング

2015/02/17

私たちの健康維持のためにはいろいろな方法がとられるわけですが、そのなかでも朝起きた時や寝る前にコップ一杯の水を飲むとよいとよく言われます。
それは寝ているときに、人間はコップ一杯ほどの汗をかくと言うからであります。
つまり寝ているときにそれくらいの汗をかくことから、朝起きた時に同じくらいの量の水を体に補給してあげることが望ましいわけです。
人間は寝ている間にも、汗をかきますので失われた水分を朝起きた直後に飲むと体が中和されて調子がよくなるのです。
寝る前に関しましては、お風呂から上がったときくらいにコップ一杯ほどのお水を飲むとよいと言われます。
人間の体は多くが水分で保たれていますので、それを十分に満たしてあげることが必要なのです。
お水がこの頃では注目を浴びてきており、いろいろなメーカーも出回っていますので飲むときにその種類にもこだわりたいものです。
市販のミネラルウォーターで、体を満たしてあげるととても良い状態になります。
そのことを習慣化して、毎日の日課に取り入れていくと体の変化に気づいてくるものです。
また日常生活の中にも、お水をたくさん飲むような習慣をつけると自律神経が整ってくるとも言われます。

 

飲む量と身体への影響について

2015/02/17

人間の体の約60%は、水分で構成されています。水分があることで、体温の調整ができたり、栄養素を体の中で送ったり、代謝物を体外に排出することができます。生命を維持するために、毎日水分を補給する必要があります。人間の体から排出される量は約2.3リットルで、食べ物から吸収される水分を除くと、約1.5リットルが飲む量の目安になります。ペットボトル1本分です。水分量が不足すると、暑い日などに熱中症や脱水症にかかりやすくなります。とりすぎると、水中毒になり、体内のナトリウムが不足し、内臓への負担がおおきくなります。一度に大量の水分をとるのは控えた方がよいです。1日で少量をこまめに水分を補給するほうが体には負担がすくなく、健康維持や疲れを回復するのに役立ちます。朝起きた時は、寝ている間に体から水分が蒸発して、血液内のミネラル濃度が高い状態になっています。1杯飲むことで落ちつきます。運動しているときは、水分が失われていくので、適宜補給することが大事です。我慢すると、熱中症になる危険性が高まります。入浴後も体温が上昇し、水分が失われます。一杯の水を飲み、補給することが大切です。寝る前にも少量の水分補給しておくと、寝ている間に失われる水分を補うことができます。

飲む水とその温度について

2015/02/17

水は人間の体にとって欠かせないもの。生命を維持するために必要なのはもちろんですが、美容と健康のためにも水を飲むことは大切です。水を飲むことによって便通がよくなったり、代謝がよくなるのでダイエット効果も期待できます。
しかし、特に意識せずに水を飲み、飲む水とその温度についてはあまり気にしないという方も多いのではないでしょうか。
水道水を飲むかミネラルウォーターを飲むかという点については、様々な意見があるので個人の考え方や好みによるようです。水道水は厳しい安全基準をクリアしていますが、殺菌に使われる塩素の臭いに抵抗を感じる人が多いようです。しかしその分雑菌などの繁殖を防ぐことができているわけです。一度沸かすことでカルキ抜きをすることはできますが、塩素が抜けた分雑菌が繁殖しやすくなるため扱いに注意しましょう。ミネラルウォーターは水道水に比べると安全基準がゆるいのですが、水そのものの味をあじわいたい人にはおすすめです。
次に温度についてです。水は冷たければ冷たいほどおいしいと考えられがちですが、冷たすぎると味を感じにくくなるばかりでなく、冷たい水が体の中に入ると体を内側から冷やしてしまうことになりますので、できれば常温の水を飲みましょう。ミネラルウォーターでしたら、常温の方が甘みや水そのものの味も常温の方がより感じることができます。
せっかく水を飲むのでしたら、知らず知らずのうちに体を冷やしてしまうのではなく、少し温度に気をつけることで自分の健康や美容にも気を使いたいものですね。

効果的な水の飲み方って?

2015/02/17

健康や美容のことを考えて、水をこまめに摂取することはとても大切ですが、そこで重要になってくるのが効果的な水の飲み方です。
正しい飲み方のポイントを押さえることで、より効果的に水分補給をすることができるのです。
まず普段の生活で寝起きと睡眠前には必ずコップ1杯の水を摂りましょう。
水分が失われやすい睡眠中ですが、寝る前に水分を摂取することで次の日の朝、目覚めたときに血液の流れをよくしてくれる効果が望めます。
一日の摂取目安は約1.5リットルの水分が必要だとされていますが、この水分量を一日に飲めばそれでいいというわけではありませんので、注意が必要です。
むしろ、その目安量を摂取しようと大量に一度に水を飲むことはかえって体に負担をかけてしまいます。
なぜなら、体が一回で処理できる水分量は限られているからです。
ですから、コップ1杯の水をこまめに摂取することが、効果的に体内に水分を取り入れることができる方法です。
寝起きと睡眠前、朝昼晩の食事や間食時、そして入浴時と、コップ1杯の水を6回から8回にわけてこまめに摂取することで、一日に必要となる水分を補うことがでるだけではなく、体に負担をかけることなく水分を補給することができるのです。

食事の塩分がおよぼす身体への影響について

2015/02/17

塩は体にとって無くてはならない成分です。
特に汗をかきやすい夏には、「塩飴」なるものが多く出回るほどです。
しかし過剰に塩分を摂取しては、身体にも様々な悪影響を与えます。
例えばよく言われるのが「高血圧」です。
食事やおやつなどで塩を取り入れすぎると、身体はたくさんの水分を欲します。そのために血液量が増え、その増えた血液量によって血管内の圧力が上昇し高血圧となります。
また塩分の摂りすぎは、血圧の調節を行なっている交感神経を刺激し、それによってホルモンバランスが崩れてしまい、血管を収縮させてしまうことで血圧の上昇にもつながります。
血圧が上がっても特に症状が出る事がないので、知らず知らずの内に高血圧になってる事があります。高血圧を放置しておくと、動脈硬化や脳卒中など命に関わる病気にもなり兼ねません。
さらに高血圧以外に、胃がんになりやすいと言われています。
各国の食文化を比較してみても、日本人は塩気の強いものが好きで、その分胃がんになる人も多いです。国内でも胃がん発生率の高い地域がありますが、これは食生活の影響によるものです。
高い塩分濃度の食事は、胃の粘膜を保護している粘液を破壊して、炎症を引き起こす原因となります。このような状態が続くと慢性胃炎となり、胃がんになりやすい状況になります。
慣れない間は薄味が物足りなく感じますが、慣れると特に不満を感じなくなります。
将来の身体へのリスクを考え、常日頃から減塩を心掛けるようにする事が大事です。

痩せにくい身体になるって本当?

2015/02/17

食事に水分は欠かせませんよね。ある程度の水分はもちろんかまいませんが、実は食事中に水分を摂りすぎると痩せにくい身体になるらしいのです。一日に2リットル以上の水を飲んだ方がいいと言われているのになぜ?と思われる方が多いでしょう。実はこれにはきちんとした理由があるのです。
私たちは当たり前のように食事をしていますが、食べた物をエネルギーにできているのは、体内の酵素のおかげなのです。消化酵素が食べたものを分解、そして代謝酵素がそれをエネルギー変換してくれるシステムとなっているのです。しかし、食事中に水分を摂りすぎると胃液が薄まってしまいます。胃液には様々な酵素が含まれているのですが、これが薄くなることで食べた物が上手く分解できません。そうするとどうなるか、食べた物は胃から小腸へと到達します。すると小腸の消化酵素がどうにか消化、代謝をしようと頑張るのです。こういったサイクルを繰り返していると、慢性的に酵素不足となります。酵素が不足すると食べたものを分解できませんし、それを代謝によってエネルギー変換もできません。そうなるとどうなるか、想像に難くはないでしょう。脂肪を燃焼しにくい太りやすい体質となってしまうのです。

飲み過ぎることで生じる弊害とは

2015/02/17

美容と健康のためには、毎日2リットルの水を飲むべしと言われていますが、実はこれ飲むタイミングによっては逆効果となるのです。
水分を摂りながら食事をする方が多いでしょうが、実は飲む過ぎることが弊害が生じるというのです。まず血糖は水に溶けやすいので、食事中に大量に飲むと血糖値があがります。そこで、それを下げるためにインスリンが過度に分泌され、そのインスリンが血糖を脂肪に変えてしまうというのです。ただ、これがそのまま肥満につながるわけではないらしいのですが、こういった食事習慣は体にあまりよくないのは事実ですので、改善した方がいいでしょう。
また、飲み過ぎることで胃液が薄まることも問題です。消化不良になり栄養が充分に吸収されません。すると食事をしたのに満腹感を得られなかったり、老廃物の排泄が滞る原因ともなるのです。また、本来は胃で分解されたものが小腸に来るのですが、胃液が薄まったことでそのまま小腸にきます。すると小腸で分解をすることになり、小腸でも多くの酵素を使うことになります。これによって慢性的に酵素不足に陥り、消化や代謝が滞って痩せにくい体質へとなってしまうというのです。
それに加えて、飲み過ぎることが身体が冷えます。すると血行不良となり、細胞に酸素や栄養が行き届かなくなりますし、内臓の機能も低下して、代謝が低下して脂肪が燃えにくい太りやすい体となると言われています。

食事中の水分摂取とその内容とは

2014/11/05

水分摂取については、最近モデルさんなど美容に気を使う方は、1日2リットル水を飲むという話は有名です。水を飲むことで毒素が排出される、お腹にたまるのでダイエット効果がある、といった情報も耳にしたことがあるかもしれません。確かに水分を摂ることで様々な効果も期待ができますが、多量の水分摂取を避けた方が良い時間帯もあります。それが食事中なのです。
100回噛んで食べるのが良いと言われることもあるように、噛むことで私たちは満腹感を感じたり、食べ物を消化しやすい状態に咀嚼しています。これには食べ過ぎを防ぐ効果や消化をスムーズにする効果があるのです。この時、水分を多量に摂取してしまうと、あまり噛まなくても飲み込める状態を作ってしまいます。噛まずに飲み込んだ結果が、早食いや食べ過ぎです。また食べ物を固形のまま飲み込むことで胃腸に負担がかかり痩せにくくなることにも繋がってくるのです。多量の水分は胃酸や消化酵素を薄めてしまうので、胃や腸の負担が増えることや、代謝が悪くなってしまうためこちらも注意が必要です。
きちんとした消化を手助けし、代謝の悪い痩せにくい身体にならないためにも、食事中には多くてもコップ1杯程度までの水分に抑えるのがポイントです。また水の消化には約20分程度かかるので、食前30分以内の飲み物のがぶ飲みなども控えましょう。